福岡県福岡市南区屋形原5-3-9
092-555-6789
info@nature.ne.jp

マスクは手に入るようになるまで再利用した方が良さそうです

プランクトン分析 底生生物分析 水質浄化装置 環境コンサルタント

いつか強毒型鳥インフルエンザが流行ると考えられているため家庭用に備蓄しておいたウィルス対応のサージカルマスクが必要になりつつあります。

でも、使い切って終わりというわけにはいかないかもしれません。新型コロナは既にパンデミックを起こしており、日本国内でもじわじわと広がりをみせ、いつ終息するか分からない状況にあります。

巷では、洗えるマスクなどが出回っているようですが、ウィルス防除対策には使えません。

AgactioNは、銀イオンを50ppm含んでいます。これは、1mlに50μg含有する事になります。実際スプレーしたマスクを乾燥させると酸化銀のせいで黒くなります。それだけ制菌作用があると考えられます。