株式会社ネイチャー

プランクトン分析 底生生物分析 水質浄化装置 環境コンサルタント

TEL.092-555-6789

〒811-1351 福岡市南区屋形原5丁目3-9 パークヒルやよい坂101号

水のこと

水の四方山話-第4話(日本人の生活用水使用量)

私たち日本人は生活用水としてどれ位の水を使っているでしょう?

国土交通省の調べでは、2003年(平成15)年度の1人1日の平均使用量は313L/日となっています。

一方、東京都水道局の調べでは1人1日に使う水の量は、平均219L/日(平成27年度)となっています。

用途別使用量の目安は、洗面手洗いが12L、歯磨き6L、炊事食器洗い60L、洗濯110~120L、

シャワー36L、風呂180L、トイレ 大12~20L、小8~12Lなどとなっています。

世界では、30か国以上の人々が20L/日以下の水で生活していると言われています。

水はもっと大切に使う必要がありますね。

 

 

水の四方山話-第3話(溶存酸素について)

溶存酸素とは

水中に溶解している遊離の酸素のことを溶存酸素と言います。

一般にはDOと略記します。これは、Dissolved Oxygenの略です。

純水中のDOは、

 1℃ 13.77 ㎎/L

 25℃ 8.11 ㎎/L

 30℃ 7.53 ㎎/L

水温が高くなると溶解率が減少するため、DOの値は低くなります。

また、塩化物イオン量(㎎/cl‐/L)が増加するとDOの値は低くなります。

標準的な海水のDOは、

 1℃ 10.80 ㎎/L

 25℃ 6.52 ㎎/L

 30℃ 6.03㎎/L

となります。

水の四方山話-第2話(水のpHについて)

水のpHについて

水溶液中の水素イオン濃度〔H⁺〕の逆数の対数を、その溶液のpHと言います。

と言っても?ですね。

中性がpH7.0で、それより低いと酸性、高いとアルカリ性、この程度の理解で十分です。

ちなみに、汚染されていない淡水では概ねpH7付近の値を示し、汚染されていない海水はpH8.2付近の値を示します。

 

 

水の四方山話-第1話(水の硬度について)

水の硬度について

水中に存在するカルシウムイオンおよびマグネシウムイオンの合計量を、これに対応する炭酸カルシウム CaCO3 mg/Lに換算して表したもの。かつては、石鹸の泡立ちを阻害する能力を尺度に測定された。

このように書いても分かり難いですね。硬度は、ミネラルの主要成分で、水の味においても重要な役割を果たしています。

WHOの基準では、硬水は硬度120 ㎎/L以上、軟水は120 mg/L以下となっています。

日本の水道水は概ね軟水です。

一般に、硬水は硬くてしつこい味、軟水は淡泊でコクのない味とされます。美味しい水のそれは 50㎎/L程度と言われています。

ちなみに、煮沸するとなくなる硬度があり一時硬度といいます。煮沸してもなくならない硬度は永久硬度といいます。