株式会社ネイチャー

プランクトン分析 底生生物分析 水質浄化装置 環境コンサルタント

TEL.092-555-6789

〒811-1351 福岡市南区屋形原5丁目3-9 パークヒルやよい坂101号

新着情報

水の四方山話-第3話(溶存酸素について)

溶存酸素とは

水中に溶解している遊離の酸素のことを溶存酸素と言います。

一般にはDOと略記します。これは、Dissolved Oxygenの略です。

純水中のDOは、

 1℃ 13.77 ㎎/L

 25℃ 8.11 ㎎/L

 30℃ 7.53 ㎎/L

水温が高くなると溶解率が減少するため、DOの値は低くなります。

また、塩化物イオン量(㎎/cl‐/L)が増加するとDOの値は低くなります。

標準的な海水のDOは、

 1℃ 10.80 ㎎/L

 25℃ 6.52 ㎎/L

 30℃ 6.03㎎/L

となります。

環境問題の四方山話-第4話(マイクロプラスチックによる海洋汚染)

マイクロプラスチックによる海洋汚染問題

最近、注目を集めているマイクロプラスチックによる海洋汚染問題ですが、ことはかなり深刻です。

マイクロプラスチックとは、5㎜以下のプラスチックゴミの総称です。その源は、包装容器や使い捨てプラスチック類、工業用あるいは一般家庭用マイクロビーズ類、フリースなどの化学繊維類を含む全てのプラスチック製品です。

海の生物が餌と間違えて食べるため、海洋生態系への影響が懸念されているわけです。また、マイクロプラスチックが有害物質を吸着し、それを食べた魚を食べることで人体にも影響がでるのではないかとも言われています。

このまま使い続けると、2050年には海の魚の量よりもマイクロプラスチックの量の方が重くなるとの予想もあります。

プラスチックは、自然界では殆ど分解が進まない化学物質です。プラスチックゴミを排出しない循環型社会の構築を、全世界規模で早急に進める必要があります。

レイクコントローラーが「福岡県環境関連企業技術ガイドブック」に掲載されました。

福岡県は、友好提携地域をはじめとするアジア諸地域との環境協力を推進しておられます。その一環としてこの程刊行された

「福岡県環境関連企業技術ガイドブック」に、レイクコントローラーが中国語と英語に翻訳されに掲載されました。

  日本語版はここからダウンロードできます。

日本語版 PDFを見る

  中国語版はここからダウンロードできます。

The Chinese version PDFを見る

  英語版はここからダウンロードできます。

The English version PDFを見る

福岡県のホームページ

下記のURLにも電子ファイルが掲載されています。

http://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/env-tech-guide.html

 

 

 

 

 

「福岡県環境関連企業技術ガイドブック」に、レイクコントローラーが中国語と英語に翻訳されに掲載されました。

福岡県は、友好提携地域をはじめとするアジア諸地域との環境協力を推進しておられます。その一環としてこの程刊行された

「福岡県環境関連企業技術ガイドブック」に、レイクコントローラーが中国語と英語に翻訳されに掲載されました。

  日本語版はここからダウンロードできます。

日本語版 PDFを見る

  中国語版はここからダウンロードできます。

The Chinese version PDFを見る

  英語版はここからダウンロードできます。

The English version PDFを見る

福岡県のホームページ

下記のURLにも電子ファイルが掲載されています。

http://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/env-tech-guide.html