株式会社ネイチャー

プランクトン分析 底生生物分析 水質調査 環境コンサルタント

TEL.092-951-1053

〒811-1211 福岡県筑紫郡那珂川町今光4丁目71-1 TOビル201号

魚の四方山話-第2話(魚の浸透圧調節について)

魚の四方山話-第2話(魚の浸透圧調節について)

魚の浸透圧調節について

1)淡水の硬骨魚

淡水にすむ硬骨魚の体液の浸透圧は、まわりの水の浸透圧より著しく高いので、鰓や口腔粘膜などからどんどん水が体内に侵入してきます。そのため、淡水魚は殆ど水を飲むことなく、侵入してきた水を腎臓から尿として排出しています。淡水産硬骨魚の尿は多量で薄いのです。

2)海産硬骨魚

海産硬骨魚の場合、体液の浸透圧はまわりの海水より低いので、鰓などから絶えず水分が奪われる。そのため、多量の海水を飲むことによって水分の損失を補っています。海産硬骨魚の尿は水分の損失を抑えるため、少量で濃いのです。

« »